ITAエアウェイズの世界

ITAエアウェイズの世界、私たちの価値観、倫理規定、ネットワーク、そしてお客様のすべての権利。今すぐITAでフライトを予約

ITAエアウェイズ

ITAエアウェイズは、航空輸送部門で事業を行うことを目的とした、経済財務省による完全所有の会社です。 同社は2020年11月から活動を続けています。 

ITAエアウェイズの目標は、国際的な目的地とのイタリアの質の高い接続を保証するための基準点となる効率的で革新的な航空会社を作り上げ、統合されたモビリティを活用して、国内の観光と外国貿易を促進することです。 ITAエアウェイズでは、環境面(新しいグリーンで技術的に高度な航空機、使用持続可能な燃料の)、社会的(ジェンダーレス企業の平等と包含)、ガバナンス(内部戦略およびプロセスへの持続可能性の統合)をはじめとする、持続可能性と組み合わせながら、戦略の中心に最高のカスタマーサービス(クラス最高のエクスペリエンスとパーソナライズされたサービスを保証するプロセスの強力なデジタル化を通じて) を置いています。  

ITAエアウェイズは、お届けするサービスの効率と品質を最適化し、環境への影響を大幅に削減するための最先端のテクノロジーを含む、最新の環境に優しいフリートを装備していきます。 ITAエアウェイズは、活動開始時に52機の航空機を運航し、そのうち7機はワイドボディ機、45機はナローボディ機です。 すでに2022年には、旅客機は78機(2021年に+26機)に成長し、そのうち13機はワイドボディ機(2021年に+6)、65機はナローボディ機(2021年に+20)になります。 2022年から、旅客機への新世代航空機の導入が開始される予定であり、これは徐々に古い技術の航空機に取って代わります。 2025年の終わりに、旅客機は105機(ワイドボディ23機、ナローボディ82機)に成長し、新世代航空機の75%を占めるようになります。   

ITAエアウェイズは、ローマフィウミチーノハブ空港とミラノリナーテ空港に事業を集中させ、ビジネスおよびレジャー運輸の見本なる航空会社としての地位を確立します。 同社は、運用開始時に44の目的地にサービスを提供し、59のルートが2025年に74の目的地と89のルートに増加し、長距離セクターへのフライトのリバランスプロセスが完了すると、国の接続ギャップを埋めるためにブリッジングの目標に貢献します。 

持続可能性とデジタル化は、ITAエアウェイズの産業戦略の2つの基本的な要素です。  

ITAエアウェイズがヨーロッパでより環境に配慮した、ジェンダーレスでメリットに基づいた航空会社になることを可能にする野心的なESG目標を達成するために、環境への影響を減らし、包摂的な文化を促進し、持続可能性を内部戦略とプロセスに統合するという観点から一連の行動が実施されます。 

ITAエアウェイズでは、お客様に質の高い旅行体験を保証し、データの分析と理解、およびその人的資本の価値に基づいた柔軟で無駄のない組織を持つデータ主導の会社を開発するために、デジタル化に重点を置き、デジタルシステムとプラットフォームへの多額の投資が計画されています。  

loader