旅行に関する情報
すべてを参照

一般運送約款

第1条

定義の説明                                           

この一般運送約款では、以下の用語および定義は、以下の意味を有します。

 

イタリア航空輸送

Italia Trasporto Aereo(ITA)航空会社は、登録事務所をローマ(RM)に置き、郵便番号00187、Via Venti Settembre 97、VAT番号、タックスコード、 ローマの会社登録簿への登録番号15907661001、ウェブサイトhttps://www.ita-airways.com/ IATAコード "AZ "を持つItalia Trasporto Aereo S.p.A.を意味します。

 

持ち込み手荷物

お客様が所持している物品、身の回り品、その他の物品で、お客様が着用、使用する可能性のあるもの、または旅の快適性や有用性のために必要とするものであり、ITAがお客様と共に運送することを 本運送契約の付随義務として引き受けたものです。 別途明記されていない限り、手荷物の定義には、受託手荷物と非配送手荷物の両方を含むものとします。 搭乗者に同伴する動物も手荷物とみなされます。

 

受託手荷物 (または配送手荷物、または貨物室手荷物)

これは、運送のために航空会社に渡され、お客様に特別な受領書 (いわゆる手荷物受領書) が発行された、お客様に同伴する手荷物 または動物をいいます。

 

機内持ち込み手荷物 (または非配送手荷物)

受託手荷物以外のお客様に付随する手荷物や動物で、航空会社が保管せず、機内に持ち込まれるものをいいます。

 

航空券

本文書は、ITAが発行するものであり、その名において、またはITAを代表してAlitalia Società Aerea Italiana S.p.A. in a.s.(以下「アリタリア航空」) が、2021年8月20日に締結された契約に基づく代理人として、および/または他の正規代理店が発行するものであり、電子文書または領収書の形態を問わず、運送契約の締結を確認し、本サービスの利用を正当化するものです。

 

個人

職業または事業活動以外の目的で航空運送のための航空券を購入されたお客様を意味しています。

 

SDR (特別引出権)

SDR (Special Drawing Rightsは、国際的な商取引のために単一の均質な通貨を持つことを目的として、国際通貨基金が創設した会計単位であり、その価値は主要な金融新聞やインターネットで報道されます。

 

EMD、E-バウチャー、TCV

EMD、E-バウチャー、TCVは、ITAが提供する様々なサービスを受けることができる電子文書で、紙のレシートで確認できます。

 

I.A.T.A. (国際空港運送協会)

I.A.T.A. (International Air Transport Association) は、世界中の大多数の定期航空会社を統括する組織です。 詳細はウェブサイト  www.iata.orgをご覧ください。

 

 I.C.A.O.

国際民間航空機関 (International Civil Aviation Organisation) のことで、民間航空の規制に関する問題を扱う国連の専門機関です。 詳細はウェブサイト www.icao.intをご覧ください。

 

公認代理店

ITAをはじめ、一般販売代理店、旅行代理店、オンライン販売サイトなど、ITAから明示的に航空輸送サービスの販売を許可されている者を示します。

 

適用規則

適用規則とは、航空輸送に随時適用されるすべての規制を意味します。 このような規則は、運送契約の一部を形成するものではなく、管轄の立法機関や規制当局によって随時変更されることがあります。

 

お客様

当該航空便の運航乗務員または客室乗務員ではない自然人を指し、通常は料金の支払いを条件に、航空会社の同意を得て、航空機で運送される、または運送される予定の人をいいます。

 

ITAのウェブサイト

これは、本規約および本規約で言及されているすべてのページを参照することができる 当社のウェブサイト(https://www.ita-airways.com/)です。

 

途中降機

途中降機とは、航空券または航空会社の時刻表に、予定された経路上の予定された途中降機として記載されている、または運航上および/または安全上の理由により、途中の停留所(出発地または目的地以外の場所)でお客様の旅が中断されることをいいます。

 

貨物室

飛行機の中にある、預けた荷物や貨物、郵便物を保管するための部分です。

 

運賃

自社の販売ルート(公認代理店、コンタクトセンター、航空券売り場)で販売されている、またはITAウェブサイトで公開されているITA運賃を示します。 運賃は、航空券の所定の欄に表示されます。 運賃には、以下のような条件・制約が含まれている場合があります (運賃規則) 。(i)航空券の有効期限および期間 (ii)航空券の予約および発行 (iii)航空券の使用および払い戻しの方法 (iv)本約款の規定を補足または修正するような、運賃に含まれるサービス。 運賃規則は、想定される購入方法に応じて、航空券の購入に関連する業務の際に、公認代理店、コンタクトセンター、航空券売り場、またはウェブサイトでの購入の場合はITAのウェブサイトでお客様に提示します。

 

搭乗手続きの制限時間

フライトの (チェックイン) 手続きが完了するまでの時間を示します。

 

区間

フライトの国内線、国際線、大陸間の各区間を示します。

 

航空会社

航空運送を行う法人であり契約上の航空会社と実際/運航上の航空会社があります。 前者は、航空券を発行する航空会社であり、また、いかなる場合においても、お客様および/またはその手荷物の運送が行われる根拠となる運送契約 (お客様またはお客様を代理する者との間で締結される) の当事者です。 後者は、契約航空会社との合意又は契約航空会社による許可により、予定されている運送のすべて又は一部を実際に行う契約航空会社以外の事業者をいいます。

 

フライトまたは旅行

1つまたは複数の区間から成る、合意済み航空会社の旅程を意味しています。

 

第2条

 

適用可能性

 

2.1. 本約款は、 ITAが契約・運営する航空輸送サービスにのみ適用されます。

また、ITAを通じて提供される補助的なサービスについては、その時々に提供されるサービスに関連する規則、および関連するサプライヤーの一般条件に従うものとします。

2.2. ITAは、コードシェアウェットリース 等、国際航空輸送で使用されている契約形態を使用しています。 このような契約形態においては、ITA以外の航空会社  (いわゆる事実上/業務上の航空会社) がフライトを行うこともあります。 この場合、購入手続きの一環としてITAのウェブサイトまたは当該航空会社のウェブサイトで確認できる、事実上/業務上の航空会社の一般運送約款も適用されます。 ITAの約款と 事実上/業務上の航空会社の約款との間に相違がある場合には、後者が優先されます。 ITAは、航空運送サービスの契約運送人としての立場から、適用法令に従い、契約航空会社としての役割を担う事実上/業務上の航空会社の身元をお客様に通知するよう配慮します。 公認代理店は、契約航空会社と異なる場合、事実上/業務上の航空会社の身元をお客様に通知することも約束します。

2.3. お客様とITAとの間で、ITAを含む複数の航空会社による運送が単一の運送として行われることが合意されている場合、 本約款は、単一の航空券が発行されているか、いわゆる「共同」航空券が発行されているか、(すなわち他の航空券と関連して発行され その航空券と一緒に単一の運送契約を文書化しているかを問わず) 、ITAが行う運送にのみ適用されます。

このような複合運送の場合、ITAは、「航空会社」欄にITAの識別コードが表示されているフライトまたはフライト区間での運送中に発生した損害についてのみ責任を負います。

2.4. 2.4. 運送が包括的な旅行パッケージの一部として貸切契約に基づいて行われる場合には、本約款は、 貸切契約自体または航空券に規定されている場合にのみ適用されます。

 

第3条

 

運送契約 - 予約 - 航空券 - 運賃および付帯料金 - 座席の選択

 

3.1. 運送契約

運送契約は航空券の購入により成立し、 その時点で航空会社のウェブサイトに掲載されている約款が適用されます。

 

3.2. 予約

3.2.1. 航空券は、ご購入前に予約をすることができます。 この場合、ITAまたはその公認代理店は、お客様が行った予約を記録し、お客様の要求に応じて予約コードを表示して確認します。 ITAが自社便の予約を記録するために使用しているシステムで確認された予約のみが有効とみなされます。 ITAは、故意の違法行為又は重大な過失による場合を除き、当該登録がなされなかったことまたは誤った登録がなされたことにより生じた損害については責任を負いません。 予約時にITAまたはその公認代理店が指定した、航空券の発行期間が満了するまでにお客様が航空券の代金を支払わない場合、ITAは確定した予約を取り消すことができます。

 

3.2.2. 適用される料金規則に別段の定めがない限り、予約時にコンタクトセンターのオペレーター、航空券販売店または公認代理店からお客様に通知されますが、予約から航空券の購入までの間に運賃および/または第三者が課す税金・料金 (空港使用料その他の料金、保安に関する税金・サーチャージ等) の増減があった場合には、航空券の購入を決定したお客様が支払います。

 

3.3. 航空券

 

3.3.1. お客様は、航空券を提示した場合にのみ運送が可能になります。 ITAは、旅程の終了までの間、いつでも紙媒体または電子媒体で、航空券および/または機内受入確認書 (搭乗カード) の提示をお客様に求めることができます。 ITAは、保安上の理由からも、航空券に記載されたお客様の氏名が提示者と一致することを確認する権利を有します。 運送または払戻しを受ける権利を有するお客様以外の者が航空券を提示した場合、ITAは、航空券を撤回する権利を損なうことなく、航空券を提示した者に対し、運送または払戻しを行いません。

 

3.3.2. 航空券は第三者に譲渡できません。

 

3.3.3. 航空券の有効期間は、適用される料金表に記載されているとおりとします。 特定の有効期間が指定されていない場合、航空券は (a) 発行日から1年間、または (b) 発行日から1年以内に最初のフライト区間が完了することを条件に、航空券に記載されている最初のフライト区間の日付から1年間有効となります。

 

3.3.4. 航空券の払い戻しまたは変更に関する規則は、 本約款第10条に 記載されており、ITAウェブサイトhttps://www.ita-airways.com/ja_jp/support/utilities.html や航空券の購入手続きの際に確認することができ、また、コンタクトセンター、チケットオフィス、公認代理店のオペレーターから連絡を受けることもできます。

 

3.3.5. 搭乗者が病気のために旅行を開始できない場合、搭乗者はフライトの出発前に予約をキャンセルし、キャンセル依頼から7日以内に病院の医療書類(または公共施設またはS.S.N.と契約を結んでいる施設からの救急医療書類)を提出しなければなりません。無断キャンセルは認められません。

ITAは、搭乗者の要請に応じて、旅客が再び前述の健康診断に基づいて旅行できるようになる日、またはその日以降に旅程の開始地から出発し、運賃が支払われたサービスクラスに空きがある最初のフライトまで、航空券自体の有効性を延長するものとします。前のクラスの空席がない場合は、運賃の調整(差額支払い)を行っていただきます。航空券および付帯サービスのEMDがあれば、その有効期限は診断書に記載された日付から3ヶ月以内に延長されます。

上記の場合、ITAは、一緒に旅行している証拠をITAに提供する病弱な搭乗者の同伴者に対しても、航空券(および購入した付随サービスのEMDがある場合はそのEMD)の有効期間を延長するものとします。

同伴者の方は、別のPNRで予約された場合に限り、病気の搭乗者と同じ世帯に属する方、または同居されている方は、補助書類(家族状況)を提出する必要があります。

病気の搭乗者と一緒に旅行する同一世帯でない同伴者は、必ず同じPNRに記載されていなければなりません。

搭乗者が延長を希望されない場合は、運賃規則に基づき航空券の払い戻しを行うことがあります。

 

3.3.6. 旅程を開始した搭乗者が、病気により航空券の有効期間内に旅程を完了できない場合、旅客は出発前に予約をキャンセルし、キャンセル要請から7日以内に病院の医療書類(または公共施設または国民保健サービスと契約を結んでいる施設の救急治療室の書類)を提出しなければならず、したがって、無断キャンセルは認められません。

ITAは、旅客の要請に応じて、搭乗者が再び前述の健康診断に基づき旅行できるようになる日まで、またはその日以降、旅程の開始地から出発し、運賃を支払ったサービスのクラスに空きがある最初のフライトまで、航空券自体の有効性を延長します。前のクラスの空席がない場合は、運賃の調整(差額支払い)を行っていただきます。航空券および付帯サービスのEMDがあれば、その有効期限は診断書に記載された日付から3ヶ月以内に延長されます。

上記の場合、ITAは、一緒に旅行している証拠をITAに提供する病弱な搭乗者の同伴者に対しても、航空券(および購入した付随サービスのEMDがある場合はそのEMD)の有効期間を延長するものとします。

同伴者の方は、別のPNRで予約された場合に限り、病気の搭乗者と同じ世帯に属する方、または同居されている方は、補助書類(家族状況)を提出する必要があります。

病気の搭乗者と一緒に旅行する同一世帯でない同伴者は、必ず同じPNRに記載されていなければなりません。

搭乗者が延長を希望されない場合、運賃規則に基づき、未使用分の航空券を払い戻すことがあります。

 

3.3.7. ご旅行前にお客様が死亡された場合、キャンセル申請から7日以内に適切な書類をご提示いただければ、航空券を払い戻しいたします。

搭乗者が旅行中に死亡した場合、ITAは、異なるPNRで予約された場合に限り、搭乗者の同一世帯に属する同伴者または同居人で、補助書類(家族状況)を提出しなければならない者に対し、航空券(および、購入した付随サービスのEMDがある場合はそのもの)の有効期限を延長します。

搭乗者と同伴する同一世帯以外の同伴者は、必ず同じPNRに記載する必要があります。

出発日前10日以内または旅行中に、搭乗者の近親者(両親、子供、配偶者、兄弟姉妹、義理の親族)が死亡した場合、搭乗者の航空券および同行する近親者の航空券の有効期間を延長することができます。変更する場合は、適切な死亡診断書と家族状況証明書を提示する必要があります。延長は死亡日から45日間が限度となります。

3.3.8. お客様が購入された航空券は、出発地から目的地まで、途中降機地を含め、航空券に明記された区間についてのみ有効です。 お客様が支払われた運賃は、航空券に明記された運送に対するものです。 本約款第1条に定める運賃および関連する料金規則は、 航空運送契約の不可欠かつ重要な部分を構成します。 航空券に一連の区間が含まれている場合、その区間は所定の連続した順序で飛行しなければなりません。

 

ただし、イタリア国内でウェブサイトwww.ita-airways.com  またはイタリアの正規代理店、イタリアの代理店、イタリアのコンタクトセンターを通じて販売された航空券に限り、何らかの理由で往路便 が利用されない場合、復路便のみの航空券の有効性を維持する要請を、以下に定める時間内にコンタクトセンターに連絡して事前にITAに通知した場合に限り、受け付けることができます。 

  • 未使用の往路便の出発時刻から24時間以内。
  • 復路便の出発時刻が往路便の出発時刻から24時間以内の場合は、当該復路便の出発時刻の2時間前までにコンタクトセンターに通知する必要があります。

コンタクトセンターでは、変更後の旅程に対応した新しいE-チケットを発行しますので、現地で (可能な場合) または空港で (チェックイン) してください。

お客様が上記の通知を行わない場合、または指定された期限後に通知を行った場合、復路便に空席がある場合、航空会社は、元の航空券に適用される運賃規則がお客様にとってより有利である場合を除き、以前に購入した航空券に対して支払われた金額と、航空券の再発行時に変更された旅程に適用される同一クラス/コンパートメントで利用可能な最高額の運賃に相当する金額との差額の支払いを請求する権利を留保します。

3.3.9. お客様が旅程または航空運送契約のその他の要素を変更することを希望する場合には、当該変更が適用料金表規則に定められている範囲内で、当該料金表規則に定められた期間内にITAに通知しなければなりません。

 

3.4. 運賃およびその他の費用

3.4.1. お客様の航空券の価格には、運賃のほかに、運送に適用されるすべての税金およびその他の料金、法律によって課されるもの、または政府やその他の管轄機関から要求されるものが含まれます。 運賃は、出発地の空港から最終目的地の空港までの運送にのみ適用されます。 運賃には、空港間、空港と市内のターミナル間の地上交通機関、 運賃規則に明示されていないその他のオプションや付帯サービスは含まれていません。  運賃は、ご購入時に適用されるITAの運賃規則に基づき、ご選択された旅程に応じて決まります。 ご購入後の旅程の変更は、運賃規則で認められている場合には、追加料金が必要となります。

 

3.4.2. 専用・特別運賃の適用に必要となる要件 (年齢、居住地など) は、航空会社がいつでも確認することができ、フライトの搭乗時にその要件を満たしていなければなりません。 当該要件が満たされていないことをITAが確認した場合は搭乗を拒否することができます。また、可能であれば、お客様が料金を支払う意思がある場合には、追加運賃を請求することができます。

 

3.4.3. 運賃、税金およびその他の追加料金は、航空券が発行された国の通貨で支払われます。ただし、航空会社または公認代理店が、航空券の代金の支払い前または支払い時に、正当な理由または正当な理由により、別の通貨での支払いを要求した場合はこの限りではありません (例えば、現地通貨の兌換が不可能な場合など) 。

 

3.4.4. 選択された購入チャネル (公認代理店、コンタクトセンター、チケットオフィス、ウェブ) に応じて、航空券の販売および/または発行のための手数料が請求される場合があります (いわゆる 発券手数料/販売サービス) 。

 

3.5. 座席の選択


3.5.1 
お客様は、運賃に含まれるサービスの中で座席の選択が提供され、かつ随時適用される運賃規則で規定されている場合、無料で機内の特定の座席の割り当てを要求することができます。  運賃規則は、航空券の購入手続きの際にITAのウェブサイトで確認することができ、また、コンタクトセンターのオペレーター、航空券売り場、または公認代理店からも通知されます。

 

3.5.2 運賃に座席指定が含まれていない場合、お客様は通常、有料で座席指定を行うことができます。  事前に座席が選択されていない場合、ITAがチェックイン時に無料で座席を割り当てます。 システムは、予約された他のお客様の隣の席を割り当てるよう試みますが、この可能性は空席状況に左右され、保証されるものではありません。

 

3.5.3 航空会社は、お客様が選択された場合、機内の座席の事前割り当てを確認するために最善の努力を払います。 ただし、特定のフライトで使用される予定の航空機が交換または変更された場合には、特定の座席の割り当てが確認されても保証されないことがあります。 また、航空会社は、運航上および/または安全上の理由から、搭乗後であっても、いつでも座席の割り当てを変更または再配置することができます。 安全上の理由から、一部の座席には制限があり、すべてのお客様に適切に割り当てられるとは限りません。

 

3.5.4 機内の特定の座席を指定するために料金を支払った場合、上記の理由でその座席が利用できなくなった場合、またはお客様の手に負えない理由 (フライトのキャンセルなど) で航空券が使用されなかった場合、 お客様は払い戻しを受ける権利を有します。

 

3.5.5. 座席指定に関するご利用規約の全文はこちらをご覧ください。

 

第4条

 

お客様の受け入れと搭乗

 

4.1. お客様の搭乗手続きの制限時間は空港ごとに異なります。 したがって、お客様は有効な制限時間を自ら知り、それを遵守する必要があります。 いかなる場合でも、ITAまたはその公認代理店は、航空券に記載された最初の航空便のチェックインのための制限時間をお客様に提示します。  制限時間内に関連手続きを完了するためには、余裕をもってチェックインカウンターに行くことが常に望ましいです。

 

最初のフライト以降のフライトでは、お客様は搭乗手続きの制限時間を確認し、選択した区間の乗り継ぎ時間が搭乗手続きの完了に十分であることを確認する必要があります。 例えば、運動機能障害者 (PRM)、2歳未満の子供、同伴者のいない未成年者、動物と一緒に旅行する人など、特別なカテゴリーのお客様に対しては、特別な表示や時間枠を設けることができます  (第6条を 参照) 。

 

4.2. お客様のチェックインのための制限時間の指示は、航空運送契約の不可欠な部分であり、ITAのウェブサイトのチェックインの制限時間のページのページで確認することができ、また、コンタクトセンターのオペレーター、航空券販売店、または公認代理店によって伝えられます。

 

4.3. お客様がチェックインの制限時間を守らなかった場合、ITAは運送を行う義務を負わず、当該便およびそれ以降の便の予約を取り消すことができます。変更および払い戻しに関しては、ITAのウェブサイトでの航空券購入手続きの際に確認できる運賃規則の規定、またはコンタクトセンター、チケットオフィス、公認代理店のオペレーターからの連絡に基づき、上記 3.3.8. に定められている内容に影響を与えることなく、変更および払い戻しを行うことができるものとします。

 

4.4. チェックイン後、搭乗者はチェックイン時に航空会社が示した時間までに搭乗場所にいなければなりません。

 

4.5. お客様が定められた時間内に搭乗地点に到着しなかった場合、ITAはお客様を運送する義務を負わず、変更および払い戻しに関してコンタクトセンター、航空券販売店、または公認代理店から通知される運賃規則に定められている内容、および上記第3条 3.3.8. に定められている内容に影響を与えることなく、変更および払い戻しを行うことができるものとします。

 

4.6. ITAは、本条の規定に従わなかったお客様が被ったいかなる費用または経費についても責任を負いません。

 

4.7. ご旅行の際には、すべての出入国書類、旅行に必要なビザ、健康診断書、予防接種証明書、および購入した特別/専用運賃の条件を満たしていることを証明する書類をご用意ください。 これらの書類は、搭乗時点および全搭乗区間で有効である必要があります。 お客様は、乗り継ぎ国、出発国、到着国のすべての規定、およびITAの規則と指示に従う必要があります。 管理上の手続きに関する詳細な規定は、 本約款の第12条に記載されています。

 

4.8. ITAのホームページでは、渡航書類のページがあり、各国への渡航に必要な書類についての情報を提供しています。 ただし、搭乗前には、お客様ご自身の責任において、目的地の国に関する制限や条件についての情報をITAに提供し、経由地や目的地の国の領事館や大使館に問い合わせをする必要があります。

 

第5条

 

運送の拒否および制限

 

ITAは、保安上の理由により、または以下の場合には、お客様および/またはその手荷物の運送または運送の継続を拒否または中止することができます。

 

(a) 出発地、目的地、または上空を飛行する国の法律、規制、規則(Covid 19パンデミックに関連するものを明示的に含む)を遵守するために必要な場合。 

(b) 出発国、通過国、目的地の当局からの書面による要請に応えるために必要な場合。 

c) 旅客および/またはその手荷物の運送が、航空機内の安全、健康、衛生および秩序を危険にさらす可能性がある場合。  

(d) 乗客の行為、年齢、身体的または精神的状態が以下のようなものである場合。(i)他の旅客に不快感や不便を与えたり、その他正当な理由で他の旅客からの苦情を引き起こしたり、(ii)自分自身や他の人、財産に危険をもたらしたりする場合。

e) 旅客が安全に関するITAの指示に従わなかった場合、フライトに関連する法律や規制の要求に従わなかった場合、または、以前のフライトで違法または規律に反する行為を行っており、そのような行為が繰り返される恐れがあることにより、正当化される場合。 

f) お客様がセキュリティチェックを受けることを拒否された場合。

g) 適用される運賃、諸税、その他の付随的費用が支払われていない場合、または旅客が有効な旅行書類を所持していない場合。 

h) お客様が、上記第 4.7. および下記 第12条の規定に基づき、当該航空便の通過国への入国または当該航空便自体の最終目的地の国への入国に必要な旅行書類を所持していない場合。

i) お客様がご自身の旅行書類をフライト中に破棄したか、または乗務員に見せることを拒否された場合。

j) 搭乗者が提示した航空券が (i) 不法に入手されたものであること、ITAまたはその公認代理店以外から購入されたものであること、(ii) 紛失または盗難の報告がなされたものであること、(iii) 偽造されたものであること、(iv) ITAまたはその公認代理店以外の者によって変更または不完全にされたものであること、(v) 航空券を提示した者の身元と一致しない名前で登録されたものであること、(vi) 不正に購入されたものであること、以上の場合、ITAは航空券を取り消す権利を有することを了解します。 

k) お客様が、航空券の使用および/または手荷物と同伴動物の乗船に関して、本約款または運賃規則に定められた要件を遵守しなかった場合。

l) 会社の所有物への損害、一人または複数の搭乗者、客室乗務員に対する攻撃的な言動、またはいかなる場合においてもフライトの安全を脅かすような言動により、ITAの「搭乗禁止」リストに掲載された搭乗者。

 

第6条

 

お手伝いの必要なお客様

 

6.1. ITAによる以下のお客様の運送の引き受け

a) 障害がおありのお客様およびお身体が不自由なお客様

b) 2歳未満のお子様および付添人のない未成年のお客様

c) 病気のお客様、その他特別な支援を必要とするお客様

d) 妊娠中の女性は

適用される規則および規制に従って制限を受ける場合があります。また、以下の段落、およびITAのウェブサイトの旅行の手配ページで入手可能な、あるいはコンタクトセンターのオペレーター、チケットオフィス、または公認代理店から通知される特定の規定に準拠します。

 

6.2. 障害がおありのお客様およびお身体が不自由なお客様

 

6.2.1. 身体の不自由なお客様および移動の不自由なお客様の権利は、理事会規則 (EC) No 1107/2006によって規定されています。  理事会規則 (EC) No 1107/2006については、 http://eur-lex.europa.eu/LexUriServ/LexUriServ.do?uri=OJ:L:2006:204:0001:0009:IT:PDFでご確認いただけます。 空港での滞在中、このカテゴリーのお客様に対する支援は、EUの空港運営者の責任となります。搭乗者は、予約時に特別な支援を求める旨を当社に通知する必要があります。 お客様は、予約時に特別な支援を求める旨をITAに通知する義務があり、いかなる場合も旅程の最初の出発の48時間前までに通知しなければなりません。なお、上記の期限が守られない場合でも、ITAは輸送を許可するために全力を尽くすものとします。

6.2.2. 最高のサービスを保証し、搭乗・降機時および飛行中の安全対策を遵守するために、特別な支援を必要とするお身体の不自由なお客様は、十分な余裕をもって、いかなる場合でも選択したフライトの搭乗手続きの時間内にチェックインカウンターにお越しになることをお勧めします。

 

6.2.3. 当社は、必要に応じて、医療証明書がない場合、または同証明書が不完全である場合、もしくは法的規定および当社の基準に準拠していない場合には、お客様の搭乗を拒否する権利を留保します。

 

6.2.4. 本条に記載されている旅客に対する特別な支援や旅行に必要な書類に関する詳細は、ITAウェブサイトの 渡航書類のページで確認するか、コンタクトセンター、チケットオフィス、公認代理店[6]のオペレーターから連絡を受けることができます。

 

6.3. 2歳未満のお子様および付添人のない未成年のお客様.

 

6.3.1.  2歳未満のお子様には、座席を指定してご旅行される場合でも、少なくとも1名の親御様または18歳以上の同伴者が必要です。

6.3.2. 国内線では5歳以上14歳 (未満児)、国際線では5歳以上15歳 (未満児) のお子様が単独でご旅行される場合、または保護者や同伴者の方と異なるクラスでご旅行される場合 (同伴者なしの未成年者) は、保護者や同伴者の方のお申し出により、ITAのホームページのお子様のページに掲載されている手続きに従って、適用される追加料金をお支払いの上、ITAのフライトにご搭乗いただけます。

 

同伴者とは、適切な書類に基づいて未成年者を託された成人の方を指します。

 

6.3.3. 国内線では満14歳に達した未成年者、国際線および大陸間移動を含むすべてのフライトでは満15歳に達した未成年者は、単独で旅行することができ、上記の第 6.3.2. 項に記載された手続きは適用されません。そのため、他のお客様と同様の規則および手続きに従って搭乗することになります。

ただし、明示的な申し出があり、適用される追加料金をお支払いいただくことで、前述の同伴者のいない未成年者のための手続きを利用することができ、前条のケースに該当します。 6.3.2. 同伴者なしの未成年者の手続きや関連する補足事項についての詳細は、ITAのウェブサイトのお子様のページで確認することができます。

また、旅行中、予定された中断、遅延、フライトキャンセルのいずれの場合もホテルに宿泊する必要があるため、未成年者はいかなる場合も親権者の許可を得なければならず、ホテル側はその許可を求めることができます。 航空会社は、上述の許可を得られなかったことによって生じるいかなる損害または費用、およびさらなる結果に対しても責任を負いません。 いかなる場合においても、両親および/または保護者は、 民法第2048条に基づき、未成年者が第三者、ITA、およびITAの従業員に与えた損害について責任を負います。

6.3.4. 未成年者の運送および旅行に必要な書類に関するその他の情報は、ITAのウェブサイトのお子様のページ、国家警察のウェブサイトhttp://www.poliziadistato.it/articolo/191 、乗り継ぎ国および/または目的地の各国の管轄当局のウェブサイトでご確認いただくか、コンタクトセンターのオペレーター、航空券販売店、公認代理店からご連絡いたします。

 

6.4. ご病気の方、その他特別なお手伝いを必要とするお客様 - 妊娠中の女性

妊娠中のお客様のご利用条件や必要書類については、ITAのホームページのフューチャーマザーのページに掲載されています。

 

第7条

 

手荷物

 

7.1. お客様は、航空会社が定めた条件および許容範囲内で、手荷物を運送することができます。これは、ITAのウェブサイトの手荷物 ページおよび航空券の購入手続きの際、またはコンタクトセンターのオペレーター、航空券販売店または公認代理店から通知があります。

以下は、手荷物およびその他のお客様の物品の運送に適用される一般規定です。

 

7.2. お客様が機内に持ち込むことができる手荷物その他の物品は、旅客の前の座席 (緊急用座席を除く) の下または客室内の特別区画に置くことができるものでなければならず、いずれの場合も、サイズ、重量、形状、寸法が当社の基準に従ったものでなければなりません。当社の基準は、ITAのウェブサイトの 手荷物手荷物のページでご確認いただけます。

 

7.2.1. ITAは、手荷物その他のお客様の物品の機内持ち込みを拒否することができます。(i)サイズ、重量、形状および/または寸法が航空会社の基準に適合しないもの、(ii)機内での運送に関する安全上の要件に反すると考えられるもの、又は(iii)航空機のバランス又は機内のスペースの問題によるもの。 機内に持ち込むことができない手荷物およびその他のお客様の物品は、受託手荷物として運送されます。

 

7.3. いかなる場合においても、受託手荷物は、ITAのウェブサイトの受託手荷物のページに掲載されている会社の基準に適合する大きさ、重量、形状、寸法のものでなければならず、また、安全な運送および取扱いに適した容器 (例えば、スーツケース、バッグ、リュックサック等) に入れられていなければなりませんが、このような運送は物品の運送にはなりません。 ITAは、受託手荷物の引渡しに際して、 受託手荷物1個ごとに特別の領収書 (いわゆる、バゲージ・チェック) をお客様に発行します。

この手荷物は、お客様が購入した運賃によって許容され、かつ、無料手荷物許容量の範囲内であれば無料で運送されます。 受託手荷物の重量、サイズ又は個数が無料手荷物許容量を超える場合には、 超過した手荷物は、領収書の発行を条件に追加料金を支払って運送されます。 当該追加料金の額は、ITAのウェブサイトの受託手荷物のページに掲載されているほか、コンタクトセンター、航空券販売店、または公認代理店のオペレーターからも通知されます。

お客様に同伴し、貨物室で輸送するために航空会社に預けられた動物も超過手荷物とみなされます。

受託手荷物は、無料であるか超過であるかを問わず、保安上または運営上の理由で不可能な場合を除き、お客様と同じ航空機で運送されます。 このような場合、ITAは次に利用可能な便で当該手荷物を運び、お客様に返却することを約束します。

7.4. 貨物室での運送に適さない手荷物及び物品 (例えば、繊細な楽器及びこれに類するもの) は、お客様及び乗員の安全を確保するために、スペースに余裕があり、かつ、ITAが示した手順に従って、旅客室でのみ運送を受け付けることができます。 このような物品の運送には特別な料金が適用される場合があります。この料金は、ITAのウェブサイトの特別な手荷物のページでご確認いただくか、コンタクトセンターのオペレーター、航空券販売店、または公認代理店からご連絡いただくことができます。

7.5. コードシェア便や複数の航空会社を利用した便の場合、異なる手荷物運送条件や許容量が適用される場合があります。 詳しくは、ITAのホームページの手荷物のページ、各航空会社のホームページ、またはコンタクトセンターまでお問い合わせください。

 

第8条

 

手荷物の内容に関する制限

 

8.1. 適用される航空安全およびセキュリティに関する法律および規制に基づき、一部の物品は機内および/または貨物室に持ち込むことができず、また制限や条件が課せられます。 手荷物、受託手荷物の制限と条件は、ITAのホームページの 手荷物 と 受託手荷物のページに記載されています。

 

8.2. 加えて、以下のような物品を受託手荷物に入れることはできませんが、これに限定されません。たばこ、電子パイプ、貴重品、壊れやすいもの、腐りやすいもの、貨幣、宝石類、貴金属、銀製品、コンピュータおよびその付属品、個人使用の電子機器または装置、カメラおよび写真機材、譲渡可能証券、政府証券、株式および債券またはその他の貴重品、仕事、ビジネスまたは商業文書、パスポートおよびその他の個人識別文書、見本、家宝、骨董品、貴重な手工芸品または骨董品、芸術作品、希少本、貴重な出版物または原稿、家および車の鍵。

 

8.3. ITAは、大きさ、形状、重量、内容物、特殊性、壊れやすさ、腐敗しやすさ、保安上もしくは運航上の理由により航空機での運送に適さない物品、または他のお客様に不快感や不便を与える可能性がある物品を手荷物として引き受けることを拒否する権利、または既に引き受けた場合には運送の継続を拒否する権利を有します。

 

8.4. 航空機およびお客様のセキュリティに関連する理由により、ITAは、電子機器またはX線検査装置も使用してお客様の手荷物の確認および検査を実施することがあります。 お客様が不在の場合、本約款に基づいて携行が許可されていない物品、または本約款に基づいて当社に正式に申告されていない銃器、弾薬もしくはその他の武器をお客様が所持しているかどうか (またはお客様の手荷物にこれらが含まれているかどうか) を判断するために、お客様の所有物を検査する場合があります。

 

お客様がかかる検査に同意しない場合、ITAはお客様およびその手荷物の運送を拒否することができます。

 

8.5. 受託手荷物の運送および引渡しに関する契約で定められた権利をお客様が行使するには、チェックイン時にお客様に渡され、航空会社が運送の義務を負うお客様の氏名、お客様の航空券番号およびお客様が携行する受託手荷物の個数が記載された手荷物切符を所持し、提示することが条件となります。 受託手荷物の返却を要求する者が、手荷物の受領書を提示できない場合、または手荷物自体を特定できない場合、ITAは、当該者が手荷物を返却する権利を適切に証明できた場合に限り、当該手荷物を返却します。ただし、第三者を含むその他の請求に対してITAを免責することができる特別な免責証明書の発行を条件とする権利を留保します。 航空券保有者が受託手荷物を受取時に苦情書を提出することなく受け取られた場合、当該受託手荷物が良好な状態で、かつ運送契約に従って返還されたものと見なされます。

 

8.6. お客様は、ITAが指定する航空運送にふさわしい容器にペットが適切に入れられている場合のみ、そのペットをお連れになる権利を有します。

フライトに先立ち、(i)旅行の目的地の国におけるペットの輸送および/または入国に関する条件および/または制限を確認すること、(ii)フライトに適合しないペットの特徴および/または健康状態を確認すること、(iii)ペットの輸送および/または入国に必要なすべての健康上および管理上の文書を入手することは、お客様の責任となります。 これらの書類は、搭乗時点および全搭乗区間で有効である必要があります。 お客様は、乗り継ぎ国、出発国、到着国のすべての規定、およびITAの規則と指示に従う必要があります。 当社は、お客様が上記の条件および/または制限に従わなかったこと、および必要な書類を所持していなかったこと、および適用される規則および規制を遵守していなかったことに起因する、いかなる罰則、損失、費用、またはその他の結果に対しても責任を負いません。

お身体の不自由な方の補助犬は、通常の手荷物許容量に加えて、ITAのウェブサイトの 動物のページに記載されている手順に従って、無料で輸送されます。

 

第9条

 

運航時刻、遅延、欠航

 

9.1. フライトの運航予定時刻はITAのウェブサイト www.itaspa.comおよび航空券の購入手順のなかで確認可能であるか、コンタクトセンターのオペレーター、チケットオフィスまたは正規旅行代理店がお知らせし、航空券上にもに表示されています。

ITAは、合意された方法および時間で運送を実行します。 いずれの場合でも、フライトの規則性および時間の正確性は、気象条件、空港内の交通規制、航空管制(ATC)支持による遅延、ストライキなど、ITAとは無関係の要因に左右されます。  そのような要因は、フライトに影響することがあり、場合によってはフライトのスケジュール変更または欠航につながることがあります。 発生する可能性のある個別のケースに関して、援助の義務および会社の責任を規定する規則を損なうことなく、ITAはフライトの変更をできるだけ早く乗客に通知し、乗客の不便さを軽減するために全力を尽くします。お客様は、ITAに、フライトに関する変更情報を連絡可能な電話番号およびeメールアドレスを通知する義務を負います。

 

9.2. 遅延、欠航、搭乗拒否(所謂 オーバーブッキング)、および下部クラスへの変更(所謂 ダウングレード)ITAは、有効な国際規則、共同体規則、国内規則、特に2014年2月11日付の欧州議会および理事会規則(EC) No. 261/2004を適用します。これらの規則はITAウェブサイトの旅客の権利/航空会社の責任のページで参照できます。

このような規定は、運送契約の一部を形成するものではなく、管轄の立法機関や規制当局によって随時変更されることがあります。

 

第10条

 

払い戻し

 

10.1. 購入された航空券の払戻し条件は、購入時に有効な運賃規則に準拠し、ITAのウェブサイトで航空券の購入手続きの際にご確認いただけるほか、コンタクトセンター、航空券販売店または公認代理店からもご案内いたします。 払戻しに関する一般的な情報は、ITAのウェブサイトの購入と払戻しのページでご覧いただけます。

 

10.2. お客様が航空券の所有者であるか、または航空券の代金を支払った場合、お客様は払い戻しを受けることができます。 航空券代金が航空券を保有されている方以外の方によって支払われた場合、ITAは、その方にのみ、またはその方の指示に従い、適切な文書が提示された場合に払い戻しを行います。 ITAが誠実に、かつ過失なく、当該航空券の保有者や購入者とみられる方に対して行った払い戻しは、権利を有する方のために適切に行われたものと見なされます。 紙媒体で発行された航空券の場合、紛失の場合を除き、航空券およびすべての未使用の搭乗用クーポンがITAに返却された場合に限り、払い戻しを受けることができます。 お客様が航空券をご利用にならない場合、お客様は、法律で課せられた、または政府その他の管轄機関から要求された税金およびその他の料金のうち、航空券の利用に関連するものの支払いを受ける権利を有します。 当該税金の払い戻しは、特別なプロモーションオファーで購入された払い戻し不可能な航空券にも適用されます。 航空券が一部使用されている場合、払い戻し金額は、利用されていない区間の税金に対応するものとします。

 

10.3. ITAまたはその公認代理店によって発行された航空券は、運賃規定でより厳しい条件が定められている場合を除き、当該航空券の失効日後30日以内であれば払い戻しが可能です。 公認代理店から購入した航空券の払戻しは、公認代理店に請求しなければなりません。 ITAは、航空券の支払いに使用されたものと同じ方法および通貨で払い戻しを行う権利を留保いたします。

 

第11条

 

機上での行動

 

11.1. 運航コードに従い、また航空輸送に適用されるその他の国内及び国際的な規則に従い、機長は航空機の指揮を執り、飛行の安全のために必要なすべての措置を取る権限を有しています。 乗客、乗員を問わず、航空機に搭乗しているすべての人は、機長の指示に従う義務があります。 機長はまた、フライトの安全のために危険と思われる行動、身体的および/または精神的状態を持つ乗客に対して、必要と思われるあらゆる措置を講じる権限を有しています。 お客様の行動によって会社および/または第三者に損害が生じた場合、お客様はその責任を負います。

 

11.2. 航空機に搭乗しているお客様が以下のような場合、(i)航空便の安全を脅かす場合、(ii)他のお客様および乗務員に迷惑をかける、またはその他の方法で不快感を与える行為を行う場合、(iii)航空機、その上に運ばれた人または財産に迷惑をかける場合、(iv)乗務員の職務遂行を妨害する場合、(v)航空機の適切な行動または手順の遵守に関する乗務員の指示に従わない場合、乗務員の安全を確保するために必要な措置を講じることができます。(v)乗務員の適切な行動または手順の遵守に関する乗務員の指示に従わない場合、そのような行為を防止または抑制するために必要な措置 (法律の範囲内での強制的な措置、降機または乗船もしくは運送の継続の拒否を含む) をとることができます。さらに、搭乗禁止リストに掲載される可能性があり、その場合、行為の重大性に応じて3カ月から24カ月の期間、ITA便への搭乗が禁止されます。

 

11.3. お客様は、航空安全上の理由から、携帯電話、携帯用コンピュータ、携帯用レコーダー、携帯用ラジオ、CDプレーヤー、電子ゲーム機、玩具を含む双方向ラジオ (遠隔操作または無線操縦によるものを含む) 、携帯電話機などの電子機器の機内での使用を禁止または制限する、航空会社が発行する規定に従うことを約束します。

 

 ただし、補聴器、心臓装置、呼吸装置など、お客様の健康を維持するために必要な医療機器は例外となります。この場合、お客様はいかなる場合でも、コンタクトセンターに電話をして、事前に運送の適合性を確認する必要があります。

 

11.4. ITAの航空機内での喫煙は禁止されています。 違反した場合、ITAは法律に基づいた罰則を受けることになります。 なお、I.A.T.A.の手続きにより、 2013年4月1日より、電子タバコも機内での喫煙が禁止されています。

 

第12条

 

管理手続き

 

12.1. お客様による輸送サービスの利用には、一連の法律および規制の規定が適用されます。 これらの規定に従わない場合、お客様はサービスを利用することができません。 これに関しては、上記の本規約の第4条の4.7および4.8も参照してください。

 

12.2. 旅客は必要な旅行書類を携行し、出発国、目的地、通過国が発行する法令、規則、命令、処方、条件を遵守しなければならず、したがって、これらの書類やビザの欠如や偽造、またはこれらの法令、規則、命令、処方、条件の違反によって生じた結果について、ITAから補償や払い戻しを受けることはできません。ただし、出発前にITAに連絡されたビザが旅客の責に帰さない理由で拒否されたことによる未使用の航空券を払い戻しするITAの権利は妨げられません。

 

12.3. 上記の第4条の4.6および4.7の規定を損なうことなく、 お客様は、要求された書類の欠如、不適性もしくは虚偽により、または出発国、到着国もしくは通過国が発行した法令、規制、命令、要件および条件に従わなかったことにより、支払われたまたは預託されたすべての金額および発生したすべての費用を会社に払い戻すことが要求されます。 ITAは、お客様が未実施の運送のために支払ったその他の金額を当該支払に充当することができます。 お客様は、出発国、通過国及び到着国で有効な法令、規則、命令及び処方により必要とされるすべての書類を会社に提示し、それらが揃っていることを保証します。

 

前記の書類をお持ちでないお客様、または不適切な書類を提示されたお客様は、運送に関するご自身の権利を失うことになります。

 

12.4. 前述の書類を所持していないお客様、または不備のある書類を提示したお客様は、運送の権利を失います。 ITAは、その中に含まれる情報がプライバシー保護に関する規則に従って処理されることを保証いたします。

 

12.5.  ある国への入国が拒否されたすべての場合において、お客様は、課される可能性のある罰金またはその他の金銭的制裁、ならびに入国拒否の結果として発生した費用および経費をITAに払い戻す必要があります。 いずれの場合でも、お客様は、入国拒否または追放となった場所までの運送に対して支払われた金額の払い戻しをお受けになることはできません。

 

12.6. お客様は、関係当局、権限のあるその他の者、またはITAによって合法的に行われる、通常のすべてのセキュリティチェックを受ける義務を負います。 お客様は、適用される法令を遵守する範囲内で、客観的な安全上の理由により、税関当局、その他の公的機関または権限を有する者が、ITAの要請に応じて、自己の身体および手荷物を検査することにも同意しなければなりません。

 

法令または安全上の理由により定められた検査を拒否した場合には、航空運送サービスを利用できないことがあります。

 

第13条

 

補償および責任範囲

 

13.1. 万一、

(i) 旅客の死亡または負傷、
(ii) 旅客の運送の遅延、

(iii) 手荷物の航空運送の遅延、

(iv) 手荷物の破損、破壊または紛失

があった場合には、現行のイタリア国内法および国際法が適用されるものとします。具体的には、イタリア航行法典、1999年のモントリオール条約、 理事会規則 (EC) No. 2027/97ならびに (規則(EC)No.889/02によって改正および補足されたもの) 996/2010、規則 (EU)No.  376/2014ならびに2018年10月12日のENAC Circular GEN-05 revised Aが適用されます。

 

このような規定は、運送契約の一部を形成するものではなく、管轄の立法機関や規制当局によって随時変更されることがあります。

 

13.2. 以下の情報は、上記の規定を要約したものです。

a)      お客様の死亡または負傷に対する補償:航空会社は、死亡または負傷の原因となった事象が航空機内で発生したこと、または乗降のいずれかの作業中に発生したことを理由として、お客様が被った死亡または人身傷害に起因する損害を賠償する責任を負います。 128,821SDR¹までの損害については、航空会社はその責任を排除または制限することはできません。 この金額を超える損害については、次のことが証明された場合、航空会社は責任を負わないものとします。a) 損害が航空会社またはその使用人もしくは代理人の過失またはその他の不当な作為もしくは不作為によるものではないこと、またはb) 損害が第三者の過失またはその他の不当な作為もしくは不作為のみによるものであること。

 

b)      前払い:航空機事故によりお客様が死亡または負傷した場合、航空会社は、自国の法律に基づき要求される場合、補償を受ける権利を有する自然人に対して、その緊急の経済的ニーズを満たすために、遅滞なく前払いを行うものとします。 前払金は、責任の承認を構成するものではなく、補償として航空会社がその後に支払う金額と相殺することができます。

 

c)      お客様の運送の遅延:航空会社は、航空旅客の運送の遅延により生じた損害について、航空会社およびその使用人・代理人が、損害を回避するために通常の注意に従って必要かつ可能なすべての措置を講じたこと、またはそのような措置を講じることが不可能であったことを証明しない限り、責任を負うものとします。 損害賠償責任の限度額は5,346SDRです。

 

d)     手荷物の運送の遅延:航空会社は、航空による手荷物の運送の遅延によって生じた損害について、航空会社およびその使用人・代理人が、損害を回避するために通常の注意に従って必要かつ可能なすべての措置を講じたこと、またはそのような措置を講じることが不可能であったことを証明しない限り、責任を負います。 損害賠償責任の限度額は1,288SDRです。

 

e)      手荷物の破壊、紛失、破損:航空会社は、お客様一人当たり1,288SDRを上限として、手荷物の破壊、紛失、破損に対して責任を負います。 受託手荷物の場合、航空会社は、損害が既存のものであった場合、手荷物の性質、欠陥、固有の悪癖に起因するものであった場合、傷、へこみ、汚れ、突出した部品や取り外し可能な部品(ストラップ、車輪、ハンドル)の紛失や破損など、手荷物の通常の取り扱いや摩耗によって生じたものであった場合、手荷物の使用に影響を与えるものでない限り、損害賠償の責任を負います。 預けられていない手荷物については、損害が航空会社の責に帰すべきものである場合に限り、航空会社が責任を負うものとします。

 

f)       手荷物の賠償責任限度額の引き上げ:遅くとも手荷物を預ける際に特別な申告をし、追加料金を支払うことで、賠償責任限度額の引き上げを受けることができます。




ITAは、保険会社との提携により、旅行中に発生するリスクを補償する保険を提供しています。 詳しくは、ITAのホームページの追加サービスをご覧ください。

 

g)      手荷物に関する請求:引渡を受ける権利を有する者が無条件で受託手荷物を受け取った場合、これに反する証拠がある場合には、手荷物が良好な状態で、かつ、運送状に従って引き渡されたものと推定されます。 破損があった場合、引き渡しを受けることができる方は、破損発見後直ちに、また遅くとも、受託手荷物の場合には受取日から7日以内に、航空会社に苦情を申し立てる必要があります。 遅延の場合、遅くとも手荷物が手元に届いた日から21日以内に苦情を申し立てる必要があります。 苦情はすべて書面によるものとし、前記の期間内に提供または送付する必要があります。 上記の期限内に苦情が申し立てられなかった場合、航空会社側の不正の場合を除き、航空会社に対するすべての権利は消滅するものとします。

 

h)      契約航空会社と実際に運航する航空会社の責任:フライトを運航する航空会社が契約航空会社でない場合、お客様はいずれかの航空会社にクレームや苦情を申し立てる権利を有します。 航空券に航空会社の名称またはコードが記載されている場合、その航空会社が契約航空会社となります。

 

i)        損害賠償請求訴訟の提起期限: 損害賠償請求訴訟は、目的地に到着した日、航空機が到着すべきであった日、または運送が停止した日から2年以内に提起しなければなりません。 制限期間の計算方法は、管轄裁判所の法律に基づいて決定されます。

 

第14条

 

代替的紛争解決手続き

オンライン紛争処理プラットフォーム (ODR)

 

ITAは、ご乗客の皆さま/ご利用のお客様向けにオンライン紛争処理プラットフォーム(所謂 ODRプラットフォーム)を立ち上げました。欧州連合圏内においてオンラインで購入された商品やサービスに関連する紛争のオンライン処理を目的としています。 ODRプラットフォームは、http://ec.europa.eu/consumers/odr/でご利用いただけます。お客様は、ODRプラットフォーム上にて代替的紛争解決機関のリストを閲覧でき、またそれぞれのリンク先から、オンライン紛争解決手続きを開始することができます。

 

第15条

 

変更および免除

 

本約款は、 ITAの代理人、従業員、担当者によって修正、置き換え、または放棄されることはありません。

 

本G.C.C.のいずれの条項も、 会社の法的義務を免除する規定と解釈することはできないものとします。

 

第16条

 

個人情報の取得および処理

 

ITAは、情報取扱名義人として、航空運送サービスおよび不随サービスの実行を目的とし、ご乗客の個人情報を収集、処理、利用します。

ITAは、EU2016/679規制(以下「GDPR」)および2003年6月30日法律第196番ならびにその改定 規定に従って個人データを処理するものとします。

データ管理者は、ITAが行っている処理活動のために、欧州規則第37条に基づき、 データ保護責任者を指名する必要があると考えています。データ保護責任者は以下の住所に連絡することができます。Italia Trasporto Aereo S.p.A., Via Venti Settembre 97, 00187 Romeに連絡するか、dpo@itaspa.com 宛てにメールを送信してください。

ITAは、どのような方法で取得した個人情報についても、基本的な権利、自由および個人の尊厳を尊重して(特に、機密保持、個人を識別できる情報の保護および個人情報保護に関する権利について踏まえた上で)処理することを保証いたします。

当該データは、主に自動化されたシステムを通じて、上記目的のためだけに収集、処理、利用され、ITAは、GDPR第28条に基づく「データ処理者」としての立場で、 その公認代理店と共有することができ、また、他の航空会社とコードシェア契約を結んでいる場合には、自律的なデータ管理者としての立場で、後者と共有することができます。

さらに、航空会社は、国内外の関係当局および/または政府機関 (米国およびカナダの関係当局および/または政府機関を含む) が適用法令に基づき当該データを要求し、当該送信が航空輸送サービスの遂行に必要な場合には、お客様の個人データを当該関係当局および/または政府機関に送信することがあります。

航空輸送サービスおよびその付帯サービスの遂行を目的として、GDPR第9条に基づき定義された「特別なカテゴリーの個人データ」(健康に関するデータなど) も処理されることがあります。

このようなデータは、お客様が、例えば、航空会社および/または空港オペレーターに特定の医療支援を要求した場合、またはその他の方法で、航空会社または第三者 (例えば、予約を行った旅行代理店) にそのような情報を提供することを選択した場合に処理されることがあります。

GDPRの第9条に基づく「特別なデータ」とみなされる、またはみなされる可能性のある個人情報を提供することにより、ITAが当該個人情報を収集、処理、使用、第三者との共有、および欧州経済地域(EEA)外への移転を行うことを承認します。 搭乗者は、ITAが当該個人情報を収集、処理、使用、第三者との共有、欧州経済地域(EEA)外への移転を行うことを承認します。


お客様がこのデータの取扱い方法に同意いただけない場合、またはそのような同意をお取り消しになる場合、ITAは、お客様が要求したサービスのすべてまたは一部を提供できない可能性があります。

欧州規制 に従い、予約時または航空券の購入手続きの際に、お客様は、航空機事故の際に連絡を取ることができる第三者の氏名、電話番号および電子メールアドレスをITAに提供する権利があります。

このようなデータは、上記の目的のためにのみ処理され、第三者に開示されたり、商業目的で使用されることはありません。

 

ITAの顧客は、本規則に基づく権利を主張するために、データ管理者に連絡するには、登録事務所(Via XX Settembre 97, Rome に送付するか、データ保護責任者には、ITA Data Protection Officer, Via Venti Settembre 97 (RM)に連絡するか、dpo@itaspa.com 宛てに電子メールを送信してください。

 

個人情報取り扱いに関する詳細情報は、ITAのウェブサイトのプライバシーセクションでご覧いただけます。

¹ モントリオール条約の第21条、22条および23条で定める責任の制限は、 同条約の発効日から5年ごとにI.C.A.O.により更新されるものとします。 本約款に記載されている責任の制限は、 2019年12月28日から更新されたものです。.

loader