手荷物

手荷物を準備する上で知っておく必要のあるすべてのこと

サイズおよび重量について

機内持ち込み手荷物は、ハンドル、サイドポケット、キャスターを含め、高さ55 cm、幅35 cm、厚さ25cmを超えない8kg以下の手荷物1個のみとなります。

下記、身の回り品を手荷物とは別にお持ち込みいただけます。

  • アタッシュケース
  • ラップトップPC
  • ハンドバッグ

搭乗ゲートの手前にて、ITAエアウェイズ の空港職員がお客様の手荷物のサイズと重量を確認させて頂くことがございます。また、チェックインカウンターに設置されている、手荷物のサイズを確認できるゲージを使って、お客様ご自身でご確認頂くこともできます。 このチェックを通過できない手荷物をお持ちの場合は、ご搭乗をお断りすることがございます。

空港スタッフは、国内空港および国際線を出発するすべてのITAエアウェイズ フライトで、すべての目的地の小さな手荷物(高さ36 cm、幅45 cm、厚さ20 cmを超えない)に「座席下」ラベルを貼り付けます。

警告:フライトの目的地のさまざまな国では、乗客による特定の物品または機器の導入に制限があります。 また、中にはこれらの物品の所持が罰則の対象となることもあります。 詳細については、ご乗客の皆さまは、旅行前に目的国の領事館にご連絡の上、そのような制限が存在する可能性があることをご確認いただくようお願い申し上げます。 

ホバーボードに関する情報:お客様と従業員の安全のため、エアホイール、ソロホイール、ホバーボード、ミニセグウェイ、バランスホイールなどのリチウム電池を搭載した小型車両は、機内持ち込み手荷物または受託手荷物としてお預かり致しかねます。

機内で快適にお過ごし頂くために ならびに安全基準に準拠するために、搭乗率の高いフライトの場合、機内持ち込み手荷物を、搭乗ゲートでお預かりし、受託手荷物としてお預かりする場合がございます。  空港スタッフは、選択した手荷物にラベルを付け、手荷物引き取り用のレシートを乗客に発行します。 この 手続きは、大陸間フライトには提供されていません。

機内に持ち込むことができない手荷物について

はさみ、鉛筆削り、ポケットナイフ、農具、実験用器具、スポーツ用品、工具、模造銃など、フライトの安全性に支障をきたすと考えられるものは機内に持ち込むことができません。 電子たばこ、電子葉巻、電子パイプの機内での使用は禁止されています。 ライターは、身に付けた状態でのみ機内に持ち込むことができます。  

機内持ち込みおよび受託手荷物で禁止されている物品

ICAO(国際民間航空機関)ならびにIATA(国際航空運送協会)では、その荷物の性質上、航空機の運航に脅威を与える可能性のあるすべての物質および原料を、受託手荷物または機内持ち込み手荷物とも禁止しています。 

下記の製品がその対象となります。

  • 警報装置が装着されているアタッシュケース
  • ブタンガス、酸素、液体水素、キャンプ用ガス、呼吸装置用のシリンダーなどの圧縮ガス(冷媒、可燃物、有毒物、および非可燃物)
  • 酸、アルカリ、水銀、液体成分が充填されたバッテリーなどの腐食剤
  • 爆発物、武器、スポーツ用または狩猟用でない拳銃と弾薬、玩具のピストル、花火、打ち上げ花火、本物に似た玩具の武器
  • ライター、ライター用燃料、マッチ、塗料、溶剤などの引火性液体および可燃性固体
  • 機内持ち込み手荷物:液体、EC規制185で要求される量を超えていれば完全に包装されている場合も含む(例:オイル、酢、ワインなど)
  • 受託手荷物:完全に梱包されていない液体(梱包は、こぼれたものが他の手荷物に損傷を与えるのを防ぐ必要があります)
  • 磁性、有害性、有毒性、刺激性を持つ物質や、不快臭を持つ酸化剤(さらし粉、過酸化物など)など、その他の危険物
  • テレビ
  • 毒物、伝染性物質、農薬、除草剤、および病原体を持つ物質
  • 放射性物質
  • 警報装置、および警報装置に電源として装着されたリチウム電池
  • 電池が装着された水中ライト
  • Samsung Galaxy Note 7 デバイス

液体の機内持ち込みについて:ローマ・フィウミチーノ空港とミラノ・リナーテ空港からのお知らせ

ローマ・フィウミチーノ空港またはミラノ・リナーテ空港からご出発のお客様には、空港での待ち時間を短縮するだけでなく、犠牲を払うことなく旅行できるよう、空港での体験を向上させる重要なお知らせがございます!

ローマ・フィウミチーノ空港とミラノ・リナーテ空港に最新型の放射線測定器が設置されたことにより、液体と電子機器を分ける必要がなくなりました。また、手荷物の重量制限を遵守して、液体を100mlを超えるサイズで、1リットルの制限を超えて手荷物の中に入れることができるようになりました。

このサービスをご利用いただけるのは、特に以下の通りです:

-        ローマ・フィウミチーノ空港からすべてのシェンゲン協定加盟国およびシェンゲン協定加盟国以外(米国を除く)へご出発のITAエアウェイズのお客様は、ターミナル1でのチェックインお手続きが必要です。

-        ミラノ・リナーテ空港からすべての就航都市に向けてご出発のITAエアウェイズのお客様

それ以外の場合は、これまで採用されてきたルールが有効であり、詳細は次のセクションの「液体の機内持ち込みについて」に記載されています。

液体の持ち込み

欧州連合とENACは、空港のセキュリティゲートを越えて機内に持ち込まれる液体物質の量を制限する安全規則を採用しています。

これらの措置は、ノルウェー、アイスランド、スイスを含む欧州連合の領土内のすべての空港を出発するすべての目的地の乗客に適用されます。

液体に分類されるもの

次の物質は液体と見なされます:ゲル、ペースト(歯磨き粉など)、ローション、液体/固体物質の混合物、加圧容器の内容物(シェービングフォームなど)、ヘアジェル、飲み物、石鹸、ジャム、シロップ、香水、シェービングフォーム、エアロゾル、および同様の粘性を持つその他の製品。

2014年1月31日より、 機内持ち込みによる液体の輸送に関する新しい規則が適用されます。

持ち込みが許可されている液体類

下記の液体の持ち込みが可能です:

  • 100 ml(または100 g)までの容器に入った液体を手荷物として持ち込むことができます。 容器は1リットル未満(または18 x 20 cmのサイズ)の密封できる透明のビニール袋にお入れください。お客様1人につき、ビニール袋1つをお持込み頂けます。
  • 医薬品、ベビーフードなどの特別な食品は機内に持ち込むことができます。ただし、それらの医薬品や食品が必要であることを証明する書類をご提示頂くことがあります。
  • 空港や機内で購入した免税品は、液体であっても持ち込むことができます。 液体類の免税品とそのレシートは、ご購入時にセキュリティバックに入れて密閉し、最終目的地に到着するまで未開封の状態にしておく必要があります。
  • 他の空港で乗り継がれる場合は、セキュリティスタッフにお知らせください。液体類の免税品は新しいセキュリティバックの中に入れ、再度密閉します。
  • その他の液体類、エアゾール、ジェルは、受託手荷物に含める必要があります。

詳細については、お客様が出発される空港のWEBサイトでご確認いただきますようお願いいたします。

食品

動物由来の食品(肉、牛乳、肉または乳製品)は、動物の感染症の原因となる病原体を運ぶ可能性があります。

これらの製品の欧州連合への持ち込みには、厳格な獣医の手順と管理があります。 旅行者は、公式の管理のためにこれらの製品を提示する必要があります。

詳細については、現地の保健当局で入手してください。

アンドラ、フェロー諸島、グリーンランド、アイスランド、リヒテンシュタイン、ノルウェー、サンマリノ、スイスから個人消費を目的として少量を持参して到着する旅行者は除外されます。 

 

他の提携会社による運航便の手荷物

コードシェア便については、フライトを運航する提携航空会社のウェブサイトをご覧ください。

loader