お子様連れのご旅行

未成年者:必要書類

ストレスなく出発するためには、必要書類をはじめ、旅行に必要なものをすべて準備しておくことが不可欠です。

まず、未成年者を含むすべての旅行者は、身分証明書を携帯しておなければならないことを知っておくことが重要です。

国内線は13歳まで(国際線は14歳まで)、同クラス搭乗の大人1名の同伴が必要です。親も未成年の場合は、親としての責任を証明する書類を所持している必要があります。

14歳から17歳までの未成年者は、一人旅も可能です。

渡航に必要な書類は、(国内・国際問わず)渡航先によって異なります。

国内路線

  • 未成年者がイタリアの書類を所持している場合、DPR 445/2000に記載されている書類のいずれかを提示するだけで十分です。
  • 他の国籍の書類を所持している未成年者については、イタリア大使館または領事館のウェブサイトで必要書類を確認する必要があります。

国際路線

イタリア国籍のお子様は、下記のいずれかの書類を所持している必要があります。

  • 欧州共同体内、またはイタリアと二国間協定を結んでいる国への渡航に有効な国外居住者用のIDカード二国間協定の状況を確認するには、目的地を選択してください。
  • 個別パスポート:前項以外の目的地の場合。未成年者は保護者のパスポートで旅行することができなくなりましたのでご注意ください。
  • 特定の目的地でのみ有効なレッセ・パッセ:有効な出生証明書または出生抄本(写真付き) を出身地の市で請求し、警察本部でスタンプを受ける必要があります。

子供が14歳未満の場合、個人文書(IDカードまたはパスポート、パスポート保持者)に加えて、大人の同伴が必要であり、旅行者に同伴する人によって特定の法的要件があります。

  • 親または後見人が同伴のお子様―同伴する親または後見人の氏名が渡航書類に記載されている必要があります。また、当局がお子様の親の身元を確認できるよう、出生証明書またはCertificate of Family Status(イタリアの家系証明書)の携帯もお願いいたします。
  • 親権者/法定後見人のいない成人が同伴する未成年者 - 14歳未満のイタリア国籍の未成年者については、居住地からの国外退去の際に、親権者または後見人が署名し、Questura(海外ではイタリア領事館または大使館)が捺印した、未成年者を預ける航空会社名を記載した「同行者宣言書」(州警察/Questura発行の書類)が必要となります。14歳未満のイタリア国籍を持つ未成年者の国外転出に関する規則では、同行者宣言を行うことが規定されており、それは紙の文書または未成年者のパスポートへの記入という形で行われます。いずれの場合も、申請書は必ずQuestura(警察本部)に提出しなければなりません。Questuraは、1つ目のケースでは申告書の証明書を発行し、2つ目のケースでは未成年者のパスポートの記載事項を印刷します。同行者が国境でお子様のパスポートと一緒に提示しなければならない「同行者証明書」は、Questuraがケースバイケースで評価する例外を除き、最長6ヶ月間、1回の旅行(往路または復路)に対して有効です。すべての情報は、Polizia di Statoのウェブサイトの未成年者用パスポートのページに掲載されており、フォームもダウンロードできます。この書類はイタリア語で作成されたもののみ有効です。

子供が学校のグループや研修旅行に参加している場合、同行者申告書には、グループに同行している人の名前や、旅行を主催する機関・団体の名前を記載しなければなりません。

他の国籍(イタリア以外)の書類を持つ未成年者は、目的地の国の大使館または領事館のウェブサイトで確認してください。

loader