お子様連れのご旅行

未成年者と手荷物

小型機には、航空券の種類や座席指定の有無によって荷物の規定があります。詳しく見てみましょう。

幼児(23ヶ月まで)

幼児が同伴者に抱かれて旅行する場合、同伴者は10kgまでの手荷物を追加することができます。この場合、同伴者はベビーカーと小さなバッグ以外の荷物を持つことはできません。

幼児が指定された座席を使用する場合、同伴者は所定の装備品に加えて、機内持ち込み手荷物1個(8kgまで)および受託手荷物1個(23kgまで)を持ち込むことができます。ただし、幼児がライト運賃でご旅行の場合はこの限りではありません。この場合、同伴者の機内持ち込み手荷物1個(8kgまで)に制限されます。

小児(2歳~11歳)

小児の場合、手荷物の規定は座席指定の幼児と同じです。

ベビーカーに関する答え

ベビーカーは、すべての親の生活を容易にするために不可欠なツールです。また、いくつかの簡単なルールに従えば、機内に持ち込むこともできます:

• 折りたたみ式のベビーカーは保護袋の使用をお勧めします。

•ベビーカーには、お客様の氏名、ご住所、お電話番号を記載したラベルが必要です。

• 11歳までのベビーカーは、すべての目的地および搭乗クラスにおいて無料でご利用いただけます。

• サイクルトレーラーベビーカーを超過手荷物として輸送することができます。

• リュック型ベビーキャリアは合計寸法が115cm (55X35X25)を超えない場合は機内持ち込み手荷物の代わりとして、45X20X36cmを超えない場合はお身の回り品として機内にお持ち込みいただけます

イタリアの空港を発着・経由するITAエアウェイズ運航便では、以下のことができます:

•チェックインの際、機内またはゲートにてベビーカーの返却をお申し出ください(キャノピー、バッグなどの付属品は取り外してください)

•お子様のお座席をご予約いただいた場合、大人の搭乗券でお預け可能なものと同じ重量、サイズ、数量のお荷物とベビーカーをお預けいただけます(2~11歳のお子様に同じ条件が適用されます)。

loader